過走行車・低年式車のお車を売るならRanx
簡単!無料査定今すぐクリック!

2007年03月01日

搭乗者障害保険

保険の満期自体は今年の盆とまだまだ先なのですが、今まで担当していた保険会社の方が退職し、自分も転職で山形から北海道と遠い場所に引越ししてしまいました。
担当変更後に車のトラブルで新しい担当に対応された時も事務的な対応でとても親身にって感じではありませんでした

今の保険は前の担当者を信頼して入ったので変更を考えています。

今の会社は保険の人が訪問することもないので保険の人とも知り合う機会がありません

こんな場合はどうやって保険会社の方と知り合ったり。新しい保険会社を決めていけばいいのでしょうか??

ちなみにネットでの見積もりはしているのですが車種が古いせいで2社(三井ダイレクト、チューリッヒ)しか見積もりができてません







始めまして。なるほど・・・今まではどこの保険会社に入ってたのですか?転職、転勤等で、保険会社の担当が替わることは良くありますね。代理店経由での国内損保での契約であれば、事故等の場合、すぐに駆けつけてもらえる場所にあるかも、判断のうちのひとつですね。

 外資系の保険を選ぶのであれば、基本は電話対応になるはずですので、正直どこでもそんなには変わらないと思います。もし、あつし☆さんが、事故時に現場急行を求め、満期時等に訪問を希望されるのであれば、国内損保の代理店経由で加入するのがいいと思います。 

 自分の経験から考えると、正直保険会社はあまり関係ないと思います。(多少の力関係はありますが・・・)要は、その代理店の動き・サービスが一番重視すべき所だと思います。
 
 保険会社の人間との知り合い方は、すでにその保険会社・代理店で契約をしている方に紹介してもらうのが一番いいですよ。その方に色々聞いてみるのが良いのではないでしょうか?ひとつ、アドバイスとして、現在加入の保険への対応の仕方を見るのがいいです。現在の保険を切り替えるには、解約をして、その日から一年間で新たに等級を引き継ぎ契約するやり方と、解約をして、満期日までの期間を同じ等級で短期で契約(保険会社によっては出来ないです。)する。後は、満期日に切り替える。だいたいこの3つのやり方しかないです。一番いい入り方は、最後の満期日に切り替えだと思います。ただ、その切り替えまでの期間も事故対応をしてもらう約束をしてくれるのが一番です。保険証券があれば、どんな内容で、どの場合に何が支払われるか分かりますし、当然、事故の過失割合等の判断も出来るはずですから。もちろん、保険会社が違うと、相手との交渉は出来ませんが、アドバイスはしてくれるはずです。









今前まで入ってた保険会社の契約が切れてどこの保険会社にしようか迷ってます。。。
ソニー損保だと日進海上より1万7千円くらい年間で違うんですけどこんなに違うんですかね??
お薦めとかありましたら教えてくださいm(__)m
1月28日で契約が切れてるんで早くしないと不味いですよね。。。






なるべく急ぐことをお勧めします。満期日から7日以内でしたら、等級を引き継げますので、それまでには手続きを!!それを過ぎると、7等級か6等級(現在の等級によります)に戻ってしまいます。

 もし可能でしたら、現在の保険内容、等級、車の年式、型式を教えていただけませんか?より詳しくアドバイスできますよ。

 保険会社の選び方ですが、あなたは過去、事故をしたことがありますか?現在の保険会社の対応に満足してますか?現在加入の保険内容を理解してますか?人によってそれぞれ、何を基準にするのかで、選ぶ保険会社も変わってきます。

 まず、保険料の違いですが、まったく同じ内容での見積もりでしょうか?1万7千円って、結構差がありますね。外資系の保険と国内損保の保険の違いは、代理店を経由するかどうかの違いがあると思います。当然、代理店への手数料が発生する分、外資系に比べ、保険料は高くなってしまいます。

 保険会社も確かに大事な選択になりますが、国内損保であれば、代理店の動きも選択する上で大事になります。例えば、A社で契約をするとします。代理店はB店とC店があるとします。A社の保険ですので、同じ内容であればB店、C店、どちらで加入しても同じ保険料です。たた、B店は24時間対応で、いつでも電話がつながり、事故時も現場に急行する。C店は5時までしか電話がつながらない。同じA社の保険でも、この違いは大きいと思います。保険料は同じですよ。

 事故時の対応をあまり気にしないのであれば、正直、何処の保険でも変わらないのではないでしょうか?もちろん、求める保険内容にもよるのですが・・・

 自分のお勧めは、ここで会社名、代理店名を出すのは、駄目なので、24時間現場に急行してくれる代理店を探します。事故時のための保険ですので、対応が良い方が絶対にいいです。事故の相手は自分では選べないです。現場での当事者同士の話で、事故の解決が難しくなるのは、よく聞く話です。それを防ぐには、[今、自分の加入している保険会社の担当が現場に来てますので、少し待ってもらえますか?]で、当事者同士の話は必要なくなります。

 自動車保険を見直す時に注意することは、対人・対物は無制限。搭乗者傷害は日数払い。出来れば人身傷害、車両保険はつける。この内容がお勧めです。後は、運転者の限定の確認、年齢条件、使用目的、免許の色の確認が大事です。

 以上、簡単に説明しましたが、分からない事があれば、すぐに言って下さいね。契約が出来るまでは、特に気をつけて運転して下さい。そして、一日も早く契約を






レガシイ BH5 初度登録12、9月 等級7F 免許青
対人対物無制限 人身障害3000万 年齢21歳以上 レジャー目的 車両保険なし 搭乗者障害は証券には乗ってないようです。入ってないのか見当たりません。
よろしくお願いします。。m(__)m






まず、対人・対物は無制限。これは、どんな事故があっても、相手に対する賠償は全部保険で対応できますので、このままでいいと思います。
 次に人身傷害。この保険は、あまり使う機会はないのですが、自分はお勧めします。簡単に説明すると、人身事故で相手の過失割合が大きい時は、相手の保険会社が、病院代、慰謝料、休業損害等を支払います。自賠責の枠内(120万)なら、ほぼ無条件で満額支払われます。120万を超えると、各保険会社の規定での支払いに変わりますので、満額は厳しい上に、自分の過失分は減額されます。そこで、人身傷害があれば、その減額分を自分の保険で支払ってもらえます。後、自損事故で怪我をした場合、自分の方が過失割合の大きい事故で怪我をした場合に、病院代等が、自分の保険で支払われます。大きい怪我をした場合には、非常に役に立ちます。注意が必要なのは、人身傷害にも種類があって、契約車両搭乗中のみ、交通傷害も含む、すべての怪我に対応と保険会社によっては3種類に分かれます。もんちっちさんの同居の親族が自転車、バイクに乗られて、保険をかけてない場合とか、小さいお子様がいるのであれば、交通傷害、すべての怪我に対応も考えてはどうでしょうか?

 次に搭乗者傷害。これは、その車に登場されている方が怪我をし、人身事故になった場合に支払われます。日数払いと部位症状別払いの2種類に分かれます。日数払いは、入院、通院、一日に付き設定した金額が支払われる保険です。部位症状別は、怪我した場所と症状で決まった金額をお支払いする保険です。入院・通院等が長くなった場合には、怪我の症状にもよりますが、日数払いの方が、支払われる金額は多いように思えます。最近の傾向を見ると、鞭打ち等で、通院、入院日数が増えてきて、保険会社の支払いを押さえるために、部位症状別払いができ、人身傷害をつけると、搭乗者をはずす傾向にありますね。

 上記をふまえ、自分がお勧めするのであれば、対人・対物は無制限、人身傷害は3000万で搭乗中のみ、搭乗者傷害は、1000万の日数払い、入院1万、通院5千円で加入を考えます。出来れば車両保険はエコノミーを付けます。

 今は、運転者も本人だけ、家族も含む、等に限定できますので、誰が運転するのかを考えて、もう一度見て下さい。







ちょうど、五ヶ月前に追突事故にあったんですが、

休業損害を四ヶ月しか保障できないと保険会社の人にいわれました。

僕の仕事の関係で仕事に復帰すると病院にいけなくなってしまうので、今仕事をやすんで毎日病院に通っているんですが今月の給料は支払われません。。


こんなことってあるのでしょうか???


9・10.11.12月の保障はされるみたいなんですが今月の保障はないみたいです。

保険会社の人に今月の休業保障を請求しないなら四か月分の保障をするっていわれたんですが僕はあせってそれでいいですって言ってしまったのですが今から今月分の請求はできないんですかね???


保険には無知なのでどうぞ教えて下さい。






はじめまして。まず、質問させて下さい。コーネル キャンベルさんはどんな自動車保険に加入されてますか?

 1.「人身傷害保険」、「搭乗者傷害保険」は付いてますで   しょうか?
 2.5ヶ月前の事故との事ですが、お怪我はどのように診断   されてますでしょうか?
 3.その間の治療は、健康保険を使っての治療でしょうか?
 4.休業損害を四ヶ月しか保障できないと保険会社の人にい  われました。 との事ですが、その理由はなぜでしょう   か?

 この4つによって、答え方が変わってきますので、教えていただけたら、詳しくアドバイスできると思います。

>>保険会社の人に今月の休業保障を請求しないなら四か月分の保障をするっていわれたんですが僕はあせってそれでいいですって言ってしまったのですが今から今月分の請求はできないんですかね???
 これは4.の理由にもよりますが、可能なはずです。

>>僕の仕事の関係で仕事に復帰すると病院にいけなくなってしまうので、今仕事をやすんで毎日病院に通っているんですが今月の給料は支払われません。。
 失礼ながら、一言。気分を害されたらごめんなさい。仕事に復帰すると病院に行けない、との事ですが、通常は仕事に行きたいけど、怪我のため行けない。なら分かります。保険会社の担当も人間ですので、通院のために仕事を休むのであれば、あまりいい気はしないのではないでしょうか?



1.保険会社にもよるのですが、搭乗者障害保険でいくらかの給付は出ます。ただ、部位症状別払いと日数払いによって差が出ますので、加入保険会社に請求して下さい。

2.3.4.まず、保険の仕組みとして、相手の自賠責保険を使い、足りない分を任意保険の対人でお支払いします。自賠責の枠は120万で、その中に、医療費、慰謝料、休業損害等、すべてが含まれます。自賠責の枠内でしたら、各保険会社は、たいてい支払いの基準も甘く、満額出るケースが多いです。 120万を超えると、各保険会社自信の支払いになるので、その保険会社の基準での支払いに変わります。治療費は相手の保険会社持ちということは、健康保険は使ってないのでしょうか?できるのであれば、今からでも健康保険を使う治療に切り替えて下さい。健康保険は、治療費の3割負担になるので、怪我と自賠責の枠を考えると、健康保険は使うべきだと思います。病院によっては、さかのぼって健康保険を使用する事ができますので、確認してみて下さい。次に、保険会社の判断だけでは、治療を打ち切ること
はできません。医者の判断も確認しておくことが大事です。ただ、完治の見込みがないとなると、症状固定といって、治療打ち切りで、後遺障害をお支払いするケースもあるので、注意が必要です。

 経験から一言。保険会社の担当も人間です。そして、支払いも書類さえそろえば、基準はあるものの、お支払いは可能です。もらい事故で相手の事を考えるのは、気持ち的にも難しいとは思いますが、好印象であればあるほど、その担当も動いてくれるのではないでしょうか?すべては交渉次第です。

 最後に、昨今、保険会社の不払い問題で、営業停止等の処分もあり、支払いに関しては、払いもれがないように注意しています。今回は被害者でも、いつかは加害者になることもあるかもしれません。相手も人であると言うことを、忘れないで下さい。

 後、人身傷害保険を付ける事をお勧めします。今回の事故のケースでは、相手の保険会社の言い分で話が進んでしますのですが、人身傷害があれば、自分の保険会社も支払いを確認するので、安心ですよ。自賠責の枠を超えた時に、もし過失等があって、減額されても保障されます。






今月分の休業損害補償はやはり支払われないんですかね?????


保険会社の人に今月の休業保障を請求しないなら四か月分の保障をするっていわれたんですが僕はあせってそれでいいですって言ってしまったのですが今から今月分の請求はできないんですかね???
↑↑はどんな感じですかね???






交渉次第ではありますが、他の人が示談できているというのは、あくまで目安にはなりますが、正直関係ないです。すべての人が同じ症状、年齢、性別、であるというのなら、話は分かりますが、個人差は絶対にあります。なので、他の人の示談が終了しているという理由では、納得できないですよね。

 交渉の手段としては、今月分まで休業損害を認める代わりに、来月以降は請求しないとか、これまでの治療費、これからの治療費等を、健康保険を使う(病院の承諾が必要)等の条件を逆に提示するといいかもしれないです。
 
 仕事復帰への努力はしている旨を伝え、保険の規定上、4ヶ月以上は認められないとのことなら納得は出来るが(保険上の規定は、裁判等になっても対応できるようになってるめ)、他の人の示談が完了しているという理由では納得ができない。との意思表示が大事です。

 最後に、とことん話し合う覚悟をして下さい。最悪は弁護士委任も考えておいたほうがいいでしょう。後は、何度も繰り返しますが、人と人です。






主人の会社に出入りしてる保険屋さんにすすめられて、去年加入したのですが、この保険、本当によいのかわかりません。
教えて下さい。

更新型保険について
10年更新の保険に入りました。
更新型のメリットは見直しやすい、現在の保険料が安い(私たち夫婦は30才で若いので今安い方が楽だから)と言われました。定期タイプで、年をとるにつれて保険金額を下げることで、保険料をおさえて行くといいと言われました。
確かに保険金額を下げて行くことで、保険料をおさえることができるかもしれませんが、このやり方でよいのか?

ある人が、更新型保険を保険屋さんがすすめるのは、更新時に新たな保険にまた加入させると自分の成績につながるから、という話を聞きました。更新型保険についてご意見をお聞かせください。





更新型の保険のメリットで、現在の保険料が安い。これは確かにそうですね。30歳から10年間で死亡する確率と、60歳までの30年間で死亡する確率を考えると、当然、安くなります。ただ、一生で考えるとどうでしょうか?40歳からの10年間、50歳からの10年間で考えてみると、年を取るほど死亡する確率はあがります。ちなみに、いつまで死亡保障がいるとお考えですか?それによって、考え方が変わるので一概にお答えするのは難しいです。

 ではまず、死亡保険金額の考え方から行きますね。死亡保険金額とは、ご主人に万が一の時の、残された家族への保障です。言い換えると、主人が定年までに得る所得の金額ではないでしょうか。仮に月収が30万、定年が60歳と仮定します。計算方法は、30(月収)×12(一年間)×30(定年までの年数)が必要です。もちろん昇給等もあるので、ここで言う(月収)は、奥様が考えるご主人様が死亡した時に必要な1ヶ月の生活費に置き換えてもかまいません。ただ、月収の中にはご主人のおこづかい、食費等も含まれているし、現在の制度では母子家庭への手当て等を考えると、月収の6割で計算する方が多いですね。生存すればするほど、死亡保険金額は減額してもいいのではないでしょうか?保険会社によって呼び名は違いますが、減額していく収入保障保険がおすすめです。
 
 次に、更新型のデメリットは、大病をされた場合、更新後の保険料が高くても、他社への切り替えができなくなる可能性がある事ではないでしょうか。

  たかなさん。自分なら、上記の収入保障保険に、終身でご主人の葬式代として、200万くらいの保険に加入します。ご主人の職業や家族構成がわからないので、一般的なサラリーマンとして考えてます。

 まず、いつまで死亡保障がいるのかを考えて、死亡保険金額を計算して見てください。そして、更新後の保険料を確認してみてください。総支払い金額を比べてみるのが、一番納得できるのではないでしょうか?現在の保険料、40歳時の保険料、50歳時の保険料と30歳から60歳までの更新型でないタイプの保険料、上記の生存ごとに保険金額を減額する収入保証タイプの保険料を比べてみてください。

 生命保険は、家の次に高い買い物です。例えば車を購入する時、使用目的、色、燃費、金額等、色々検討されますよね?生命保険を車に例えるならば、本当はワゴンタイプの車が欲しいのに、スポーツカーを買ってませんか




更新型の定期保険は保険屋さんのすすめで入っている人が多いと聞きますが、保険屋さんにとってはおいしい保険なんですかね。更新時にまた新しい保険に入ってもらえたりするし(これは余談ですが)
とにかくもう一度、よく考えて保険屋さんに聞いてみたいと思います。






posted by kurejittto at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険料情報 一括検索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。