過走行車・低年式車のお車を売るならRanx
簡単!無料査定今すぐクリック!

2006年02月12日

プロキシサーバの原理

プロキシサーバの原理
まず、ユーザがプロキシサーバを利用しないで目的のWebページを閲覧することを考えてみます。この場合、ユーザのコンピュータが目的のWebページの置いてあるWWWサーバに直接アクセスして、Webページを取って来ます。

ユーザのコンピュータ(要求元) ←→ WWWサーバ(要求先)

一方、ユーザがプロキシサーバを利用して目的のWebページを閲覧する場合、ユーザの代わりにプロキシサーバがWWWサーバにアクセスして目的のWebページを取って来てくれます。

ユーザのコンピュータ(要求元) ←→ プロキシサーバ ←→ WWWサーバ(要求先)

この場合、コンテンツの要求元(ユーザ)と要求先(WWWサーバ)の間にプロキシサーバを挟むことによって通信経路が多少複雑で遠回りになります。そのため、プロキシサーバを利用することは一見コンテンツの取得に関わる通信を非効率的にしてしまうだけのように思われるかもしれません。





しかし、串は匿名性が上がることでよく使われています


とりあえず、串の刺し方だけ覚えましょう。

Internet Explorerの場合は、

上にあるメニューから

ツール→インターネットオプション→接続(タブ)→プロシキサーバーを使用する をチェック→プロシキのアドレスのポート番号を入力→OK



それでは↓から串リスト取ってください
ttp://www.cybersyndrome.net/plr3.html

関連ページ
ttp://breakdown41.fc2web.com/proxy2.html
posted by kurejittto at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。